クレジット

各種クレジット戦略にわたるグローバルな専門知識

スカルプターのクレジット・プラットフォームは、オポチュニスティック・クレジット、インスティテューショナル・クレジット戦略(ICS)、プライベート・クレジットの3つの統合された戦略で構成されています。オポチュニスティック・クレジット戦略では、グローバルなコーポレート・クレジット市場及びストラクチャード・クレジット市場における複雑な状況へ投資し、これには清算や企業再編を含みます。インスティテューショナル・クレジット戦略は、パフォーミング・クレジットのプラットフォームで、ローンやその他資産の発行や運用を行います。プライベート・クレジット戦略では、借り手に対し直接資金調達を実施します。

スカルプター・キャピタルのクレジット戦略

Credit Strategies Schematic

$21.9 十億

スカルプター・キャピタルのクレジットに特化した商品の運用資産(1月 1, 2021時点)

オポチュニスティック・クレジット

オポチュニスティック・クレジットでは、紛争中の状況、混乱した状況、ディストレストな状況において、ミスプライスされた投資で価値を獲得することにより、強固なリスク調整後リターンを生み出すことを追求します。オポチュニスティック・クレジットのチームは、ファンダメンタルに対する徹底的なデュー・デリジェンスを実施し、担保物件の引受、ダウンサイドリスクの評価、カタリストの特定を行います。多くの場合、当社は債権者の権利とその他の法的戦略の強化に積極的に携わり、価値創出を促します。

クレジット戦略のリーダー

Jimmy Levin

Chief Investment Officer

Brett Klein

Global Head of Corporate Credit

Akhil Mago

Global Head of Structured Credit

Adeel Shafiqullah

Senior Portfolio Manager, Institutional Credit Strategies - Europe

Peter Polanskyj

Head of U.S. CLO Management - Structuring and Origination

Dylan Szymanski

Head of Europe and Asia Corporate Credit

当社のアプローチ

割安な証券の購入から、複雑で破綻状態の清算、再編、破産に着目するイベント主導の投資機会まで、広範囲にわたるコーポレート・クレジット投資に対してオポチュニスティックなアプローチをとります。市場の方向性に対する感応度が低い銘柄固有のリターン・ドライバーを持つ、確信度の高いベストアイデアを見出すことを目指します。

厳格な分析

セクター、発行企業、資産倍率、構造、資本構造のすべての部分にわたって深く掘り下げた徹底的なファンダメンタル分析を行い、バリュエーション、ダウンサイドシナリオを理解し、プロセス、複雑性、市場の非効率性によって価値がわかりにくくなっている箇所を把握します。

動的な配分

米国と欧州のストラクチャード・クレジット、コーポレート・クレジット、関連クレジットの市場全体において当社が最も魅力的な投資機会であると考えるものに資金を移します。

積極的な価値創出

債権者の権利を守り、清算を管理し、価値を引き出し高めるために設計された法的戦略を実施します。

投資の特徴:

複雑性

複雑で、誤解され、関心の低い状況に対するソリューション/流動性を提供します。

プロセス主導

価値に変化をもたらす可能性のあるカタリストを特定します。

photo for インスティテューショナル・クレジット戦略

インスティテューショナル・クレジット戦略

インスティテューショナル・クレジット戦略(ICS)は、パフォーミング・クレジットに投資を行います。これには、レバレッジド・ローン、ハイイールド債、プライベート・クレジット/個別ニーズに対応した資金調達、投資適格債が含まれ、ローン担保証券(CLO)、コミングル商品、カスタマイズされたソリューションを介してお客様にサービスを提供します。ICSは、リサーチ主導型のボトムアップ投資プロセスを採用し、ダウンサイド・プロテクション、最適化、優れたクレジット銘柄選択、アクティブなポートフォリオ管理に重点を置いています。

ICSのプラットフォーム

ICSのプラットフォームは、1月 1, 2021時点で、約15.7 十億ドルの運用資産を管理しています。資産には、CLO及びスカルプターがコラテラルマネージャーを務める複数の航空機証券化ビークルが含まれます。
2011 $0.00
2012 $975.8 M
2013 $2.6 B
2014 $5.2 B
2015 $7.2 B
2016 $8.0 B
2017 $10.1 B
2018 $13.5 B
2019 $15.7 B
2020 $15.7 B
35

2012年5月の設定来の運用商品数(累積ベース)

$15.7 十億

ICSの運用資産(1月 1, 2021時点)

プライベート・クレジット

プライベート・クレジットは、資本構造全体において連携する借り手に対してカスタマイズされたキャピタル・ソリューションを提供し、価値創出の機会を引き出します。プライベート・クレジットのチームは、当社のプラットフォームを活用して、魅力的なリスク調整後リターンを生み出す機会を発掘し引き受けることを目指しています。投資戦略は、徹底的なデュー・デリジェンスと、クレジット、業種、資産、構造、資産を保護する法的文書に対するファンダメンタル分析を基盤としています。当社では投資のライフサイクル全体を通じて借り手と積極的に協働し、結果の成功をもたらします。